希望ヶ丘ファミリー歯科&こどものための歯科医院

希望ヶ丘ファミリー歯科&こどものための歯科医院

MENU
より多くの子ども達の歯を一生守る

フッ素Fluorine

~多くのこども達の
笑顔あふれる
アットホームな院に~

フッ素って
なーに?

なんで塗らなきゃいけないの?

なんで塗らなきゃいけないの?

フッ素はなんで
歯にいいの?

歯を強くする

歯を強くする

初期むし歯を修復(再石灰化の促進)

初期むし歯を修復(再石灰化の促進)

むし歯菌の抑制

むし歯菌の抑制

綿棒法

綿棒法

低年齢の子には、綿棒や歯ブラシで塗っていくよ。ハブラシの届かない歯と歯の間にはフロスを用いてしっかり塗布していきます。

トレー法

トレー法

お子さんのお口に合った専用のトレーでしっかりとフッ素を効かせていくよ。使い捨てのトレーを使用しますので衛生的で確実にフッ素を効かせることができます。

フッ素って何才からぬればいいの?

フッ素って何才からぬればいいの?

上下の前歯4本が生えたら塗りましょう。(1才くらい)歯は生えてから2~3年が弱いんだよ。それは永久歯も同じなので、乳歯が生え始めた頃(1才)から最後の永久歯が生えそろう12歳+2~3年頃まで定期的に塗りましょう。

フッ素ってどのくらいの頻度でぬるの?

フッ素ってどのくらいの頻度でぬるの?

十分な効果を得るために、当院では3~4か月に1回、定期健診と共に高濃度のフッ素を塗ることをお勧めしています。
歯科医院のフッ素は家庭用歯磨き粉の約10倍の濃度のものを使っています。

お家でフッ素はぬった方がいいの?

お家でフッ素はぬった方がいいの?

家で使用する歯磨き粉やジェルに入っているフッ素を毎日歯に塗り込むことにより、塗らないよりも20~30%の予防効果を発揮してくれるので毎日塗りましょう。年齢によっておすすめの塗り方があるので、歯医者さんに聞きに来てね。

フッ素洗口ってな~に?

フッ素洗口ってな~に?

フッ化物洗口法といい、低濃度のフッ化ナトリウム溶液を口に含んで30秒程度ぶくぶくうがいをする方法です。
予防効果は30~80%とかなりの高い効果を得ることができるので、毎日行いましょう。

フッ素Point


1歯を強くする
フッ素が歯に取り込まれ、むし歯に強い(溶けにくい)歯を作ります。

2再石灰化を促進する
自然治癒が可能な初期のむし歯では、治療を助けることができます。

3むし歯菌を抑制する
フッ素が歯垢(プラーク)に入り、歯を溶かす酸が作られるのをおさえます。